日本に富をもたらす

日本に富をもたらすための方法

加工貿易での輸出ウエート

日本では、サービス業などの第3次産業の比率が高まっています。しかし、日本に富をもたらす手段としては、様々な工業における輸出が現在でも重要です。日本では、学校で習った様に、原材料を輸入し、それに加工を施して輸出するという所謂加工貿易が中心であり、加工を施した付加価値分が日本に富をもたらす構図となっています。しかし貿易摩擦を避けるため、多くの工業製品が現地生産に切り替えられて来た現在では、国内の空洞化を防ぎ、海外から富をもたらすために、さらに付加価値の高い商品を開発・生産する事が必要となっています。

日本は何を輸出や輸入しているか

輸出に関して、日本は工業製品の割合が非常に多くなっています。特に、最近の円安の傾向もあり一時的に自動車や半導体分野が好調となっています。主にアメリカ向けが最も多く、中東やEU向けも多くなっています。自動車に関連して自動車部品の割合も多くなっています。また、工業製品以外にも鉄鋼も上位です。輸出先として中国や韓国やタイなどがあげられます。逆に、輸入に関しては原油や天然ガスなどの天然資源は中東から、とうもろこしや小麦などの食料はアメリカから、衣料は中国から輸入しています。なかでも、原油や天然ガスの割合は、他の品目にくらべて輸入額が圧倒的に多くなっています。

↑PAGE TOP

Copyright © 日本に富をもたらすための方法 All rights reserved